オススメリンク
大阪での注文住宅でリビングが素敵な家を建てませんか?あなたが満足いく家を建てることができます!是非一度ご相談ください!
注文住宅の依頼は大阪で実績がある;Shabby*Craft
http://www.jyu-g.co.jp/asaka/
志木の不動産情報サイト、一戸建てやマンションなどの情報はここでチェックしてみてください!;住協の住まい情報ドットコム
港南区でマイホームを建てるならこちらの不動産がおすすめですよ。|株式会社 マイホーム・スタジオ
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
一戸建て

title 一戸建てのブロック塀

多くの一戸建てで、隣の家との境にブロック塀を建てているのをよく見かけます。日曜大工で積んだものもあるでしょうが、このブロック塀にも建築基準法の制限があります。

1つ1つのコンクリートブロックをセメント接着剤として積んだものを「組積み」といいますが、この場合の高さの制限は1.2mです。

1つのブロックの高さがほぼ20cmですから6段が上限で、それ以上の高さに積んでいるものは違法です。

ただし、内部に鉄筋を配したブロック塀の高さ制限は2.2mです。

広い部屋

title 戦後の一戸建ての歴史と将来性

戦後から現在までにおける一戸建ての歴史は、1950年に制定された建築基準法、その建築確認申請を集計した1951年から始まります。

戦後の住宅難と高度経済成長の波をうけて、建売住宅をもつことは長らく庶民の夢でした。

1980年代のバブル期に突入すると、投資目的で土地が買い漁られこともあり、住宅価格は天井知らずに高騰し、「億ション」と呼ばれるマンションや郊外の新興住宅地には高級注文住宅が立ち並びました。

バブルが弾けて、地価の下落とともに戸建て分譲の価格も下がりましたが、慢性的な不況や住宅ミニバブルを経て、現在まで不動産価格は底値状態にあります。

少子化や人口減の影響をうけ、国内の戸建て需要は縮小傾向にあり、将来的には耐震性や省エネ性能の高さなど住まいの性能を追求し、時代のニーズに応える住宅が求められているといえます。

青い家

title 注文住宅の一戸建てで心がけるべき不動産の特徴

不動産を上手く活用することで、そこから得られる効果は大きいです。日常生活で使用する住宅建築にも、土地や建物が持つ可能性について詳しく検討する必要があります。

一戸建ての注文住宅を建てる場合には、建築用地の土地やその周辺の環境に合わせた建築を行うことも大切です。

環境と調和した建物を建てることにより、そこでの生活は快適になります。不動産の価値を引き出すには、その土地や建物の特性を詳しく知ることが大切です。

一戸建ての概要

一戸建ては、所有者が自らの居住用に利用することの多い不動産の一つであり、いわゆるマイホーム取得の一形態として広く認知されているところです。

なお、一戸建て住宅には、あらかじめ使いやすい間取りと設備を建設会社で検討し、検討結果に基づく設計で量産された建売住宅と施主の希望にきめ細かく対応した注文住宅があり、理想の住まいを実現できるとして、特に後者の人気が高くなっているところです。

なお、施工の依頼は工務店またはハウスメーカーに対して行うことが常ですが、工務店は自由度が高い一方、ハウスメーカーはアフターケアが充実しているのが特徴です。